上棟とは⁉️

今日は【上棟】についてお話したいと思います!

”上棟”や”棟上げ”っていう言葉は聞いたことあるけど何するの?

と思っているのは、私だけじゃないと思います、、、!

上棟についてまず簡単にご説明致しますと、

柱、梁などの基本的な構造を完成させて、

屋根の一番上で屋根を支えている”棟木”という部材を取り付けることです!

棟木を屋根の上に取り付けるから上棟、と覚えると良いかもしれません(^^)

とは言っても、イメージが湧かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

棟木とは ⇓ のことを指します!

上棟とは⁉️

上で述べたような工程を、6~8人ほどの大工さんが協力して1日で行うんです!

 

では一日の流れを簡単に見てみましょう!

朝は、8時ごろから作業スタートです。

この時点では、この写真のように1階の床の下地が貼られている段階です。

上棟とは⁉️

この写真のお家は2階建てなのですが、

屋根の下地が貼られているのは13時半ごろでした。

上棟とは⁉️

この日は16時過ぎには無事、棟木を上げるところまで完了しました。

最後に周りにシートを貼って、17時頃に大工さん達の一日の作業が終わりとなります。

 

朝の時点で1階の床の下地しかなかった状態から、

すごいスピードで家が形作られていきます!

日中ずっと屋外にいるので、この時期は立っているだけでもかなり暑くしんどいですが

それ以上に上棟の過程を見るのがすごく好きで、いつもワクワクします!!(^○^)

 

皆様ももしお家を建てられる機会がございましたら

ぜひ、上棟を見に行かれてみてください!

お問い合わせ