強く快適な家に

人生の永い年月を過ごす家。毎日を快適に過ごせる場所でなくてはなりません。また、季節の移り変わりに伴う温度・湿度変化や天災などにも負けないほど、強いことも重要です。

新築注文住宅・リフォームの武雄市「ハウジングスマイル」では住まわれるお客様の立場に立ち、永く快適に住める家づくりを行っています。こちらでは、そのための4つのポイント「省エネ」・「高気密」・「高断熱」・「耐震」についてくわしくご紹介します。

省エネ住宅

省エネ住宅

省エネ住宅は、文字通り使用するエネルギー量を抑えた家です。高性能の断熱サッシの使用などによって高気密・高断熱性能を発揮するとともに、省エネルギー性能の高いエアコンや給湯、照明設備などを導入し、冷暖房コストを低くするのです。

このような省エネ性能に関する基準は、2009年に国が定めた「長期優良住宅」にも設けられています。ハウジングスマイルではさらに太陽光発電などを導入して、年間の一時熱能エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅「ZEH(ゼッチ)」にも対応しています。

高気密住宅

高気密住宅

住宅における「気密性」とは、簡単に言うと「すきま風が入るかどうか」ということです。気密性が高いほど、すきま風は入りません。この度合はC値という指標で表されており、1mあたりどれだけのすき間があるかが示されます。

日本におけるC値の目標は、一般的には「1」(1m²あたり1cm²)、温暖地域では「5」(1m²あたり5cm²)とされていますが、ハウジングスマイルではこれよりもさらにC値を高める家づくりが可能です。気密性の高い家は、冬暖かいのはもちろん、エアコンもききやすく省エネにつながります。

高断熱住宅

高断熱住宅

住宅における「高断熱」とは、家の中の熱が逃げない性能を備えていることをいいます。断熱性の高い壁を設けるなどにより暖かい空気が家の中に留まるようにすることで、暖房費を抑えるのです。

省エネ性能の判断には、「熱損失数(熱の逃げにくさ)」を表す「Q値」と、外皮平均熱貫流率「UA値」が用いられます。これらの値が小さいほど、断熱について高性能であるといえるのです。ハウジングスマイルでは「Q値」「UA値」ともに低い、高断熱な家づくりに取り組んでいます。

耐震住宅

耐震住宅

耐震とは、文字通り地震などの揺れに強いことをいいます。それには、強固な土台を構築する基礎工事が重要です。ハウジングスマイルでは、地盤に孔(あな)を開けて砕石を詰め込むなどの特殊な工法を用いて、強固な土台を構築し、耐震性の高い家づくりを行っています。

砕石を詰め込んだ層は地震の揺れにも追従するため崩れにくい上に、大きな揺れも減衰させることで建物を守れるのです。

ZEHとは

ZEHとは

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、
断熱性能の優れたエネルギー熱能の少ない住宅に、
省エネルギー性能の高い設備(エアコン・給湯・照明設備など)を導入し、
太陽光発電などを導入することにより年間の一次熱能エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を
プラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス(ZEH)普及目標及び実績について

ハウジング・スマイルでは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業にビルダー登録し、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及に取り組んでまいります。
ビルダー登録に伴い、ZEH普及目標を別表①に定めます。

別表①

別表①