高気密の必要性について

高気密の必要性について

『高気密って本当に必要なの??』

・・・という疑問についてですが、

 

まず、窓を開けたときに通り抜ける風と、想定外に入り込んでくる隙間風はまったく別物です。

窓を開けて意識的に風を取り込むことを「通風」といい、

高温多湿な日本の夏を快適に過ごすために、昔から行われてきたことです。

 

一方、隙間風が住宅に及ぼす影響は、

以下のようなものがあります。

①エネルギー効率の悪さ・夏の暑さ・冬の底冷え

エアコンが効きにくいため、ハイパワーで使わないといけないので電気代が高くなります。

 

②壁の中の結露

壁や床に隙間があると、湿気が壁の中に流れ込んでしまい、柱が腐り壁の中がカビだらけになってしまうことも。

 

③汚染物質侵入

花粉などのアレルギー源が入り込んでしまうことも。

 

④異臭・空気の悪さ

隙間があると、想定外の空気の流れが生じ換気扇でうまく換気できません。

室内で発生した臭いやほこりがなどが溜まって、家の中が臭くなってしまうことも。

換気も充分できる上に

光熱費が節約できること、快適かつ健康に暮らせること、

そして家そのものが長持ちするとなれば、

『高気密』の重要性は言うまでもありません。

お問い合わせ