バルコニー・ベランダ・テラスの違い

バルコニーやベランダは家の外に張り出した空間のことですが、バルコニーとベランダの違いは何なのでしょうか?

実はバルコニーとベランダは上に屋根が有るかどうかで呼び方が違ってきます。

☆屋根があると『ベランダ』

☆屋根が無いと『バルコニー』

 

バルコニー、ベランダどちらの方が良いかはどのようにバルコニーやベランダを使うかによって変わってきます。

たとえばバルコニーは屋根がないので日当たりが良い反面、雨が降るとバルコニーが使えなくなってしまうという一面が。

ベランダは屋根があるので雨の日でも洗濯物を干すことができたりプライベート感が出るのでベランダでくつろぎやすくなりますが、部屋の日当たりはバルコニーの方が上ですし、屋根がある分だけ費用も高くなってしまうという特徴があります。

そのため、バルコニー、ベランダどちらの方があなたに合っているかは生活スタイルによって変わってきます。

バルコニーの中には「ルーフバルコニー」と呼ばれるバルコニーもあります。

「ルーフバルコニー」とは簡単に言うと、屋上のこと。

屋根の代わりにバルコニーにしているからルーフバルコニーという訳です。

☆テラスとは、

家の庭にタイルやデッキを敷き詰めて外に出やすくしたスペースの事。

テラスはバルコニーやベランダと同じように家の外に張り出した空間のことですが、テラスは基本的に1階のことで、2階以上になるとバルコニーやベランダというように呼び名が変わってきます。

最近では屋外空間を家の延長として有効活用するケースも多いので、デッキ敷きやタイル敷きのテラスを作る方もよく見かけます。

また、テラスにウッドデッキやタイルを敷くことで、庭の手入れをできるだけ少なくするという効果も期待できます。

 

このような違いを頭に入れておくことで、家づくりや住まい探しをよりスムーズに進めることができますね!

バルコニー・ベランダ・テラスの違い

お問い合わせ