家づくりに疲れたときは

家づくりに疲れたときは

家づくりは時間の掛かるもので、決める事の連続なので、どうしても家づくりに疲れてしまう時ってありますよね。

慣れないことなので家のことを考えるのがしんどくなってしまうという気持ちもよく分かります。

では、そんな家づくりに疲れてしまった時はどうすればいいのでしょうか?

 

家づくりに疲れた場合は、まずは一息ついて「休む」。

これが家づくりを前向きに変えるために1番効果的な方法です。

最初は「こんな家に住みたい」というように家が完成してからの暮らしに魅力が沢山あったから家づくりを始めたはずなのに、家づくりをしていくうちに「家を建てること」が目的に変わってしまっているんです。

家づくりでは住宅会社選びや間取りを決めるというだけでなく、お金や予算といった物も付いてまわります。

その中でベストなバランスの家にしようと真剣に考えれば考えるほど、無意識のうちに「どうすれば良い家を建てられるか」という部分が大きくなってしまい、目的が「家を建てること」にいつの間にか変わってしまいます。

そうなると、家づくりは楽しさよりも「やらなければいけない事」になってしまい、家づくりを進めれば進めるほど疲れてしまうという悪循環に繋がりやすくなってしまいます。

家づくりで疲れた場合、基本的にはまず一度ゆっくり休んでみるのが一番効果的な方法になりますが、あまり休む時間が取れないというケースも時にはあります。

たとえば住宅会社や間取りを決定する必要があったり、引越しの日が決まっていて家づくりを予定通り進める必要があるといった場合です。

そして、そんな時にも家づくりに疲れてしまうという事は当然あります。

決めることが多かったり、大きな決断をするというのはやはりエネルギーがいるものなので、疲れてしまうのも仕方ないですよね。

では、そんなゆっくり休んで一息つけない場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合のポイントは「やる気の回復」と「どれだけ納得いく決断ができるか」。

この2つがポイントになってきます。

「決めた事にあなたが納得できたかどうか」

これがとても大切なポイントになります。

 

たとえば、家が完成してから満足している方のお話を聞くと、自分の選んだ事に納得されている方がほとんどです。

細かい部分で「こうすれば良かったかも」と思う事はあったとしても、家づくりをしている時にベストだと思う決断をしたので後悔する事はないし、新しい家での生活にも満足しているというケースが非常に多いです。

このように、家づくりでは「あなたが納得できる決断をしたかどうか」というのはとても重要なポイントになってきます。

 

そして、家づくりで疲れた時こそ、あなたが納得できる選択をするためにどれだけ後押ししてくれるか。

これががとても役立ってくれます。

たとえば納得いく決断をするためには、いろんな方法が考えられます。

複数で悩む場合はメリット、デメリットなど比較する材料を用意してもらうというのもいいですし、なかなか決められない場合は担当者のオススメはどれなのか、そしてそのオススメの理由は何なのかなどプロのアドバイスを元に背中を押してもらうというのも良いですね。

また、自分の中で1人で悩むのではなく、家に詳しい人に相談してみるのも効果的です。

 

家づくりは1人でできる物ではありませんし、1人だけで考えてはその疲労というのはかなりの物になります。

あなたの周りにいる住宅会社や工務店の担当者をいい意味で上手く使って頼ってみる。

そうすることで、あなたがより納得いく家づくりができるようになります。

家づくりで疲れた時こそ、この部分をもう一度意識してみてくださいね。

お問い合わせ