冷暖房に係る意外な事実

冷暖房に係る意外な事実

皆さん、電気エネルギー消費の中で冷暖房が どれくらいの比率かご存じですか?

だいたい50%ぐらい?? と、ほとんどの方がこのように答えられます。

一般的に暖房や冷房が最もエネルギー消費が 大きいと思われていて それを数値化すると、

なんと!!

冷暖房だけで70%を占めていると認識されています。

冷暖房に係る意外な事実

しかし、実際はというと、 びっくりされるかもしれませんが 全然そのような事実は存在しません。

冷暖房が占めるエネルギー消費の割合は、 予想を大きく下回る28%しかありません。

しかも、冷房だけで見るとたったの2%しかない というデータが出ています。

そして、その反面、意外かもしれませんが エネルギーを多く消費するのが、 照明や家電などの動力だったりします。

冷暖房に係る意外な事実

しかも、冷暖房を上回る35%もあるんです。

びっくりしませんか?

あまりエネルギーを消費しないものだと思っていたので さすがにすごく意外な答えでした。

さらに、機器別で見ると・・・

1位:冷蔵庫 2位:照明 3位:テレビ という結果でした。

冷暖房に係る意外な事実

これからはますます “家づくりにお金を掛けすぎない” ことが重要な時代になっていきます。

“コストを下げつつ、省エネ住宅をつくる” ことが課題という事になります。

ですが、実際どのようにすれば、その課題を クリアすることが出来るのでしょうか?

まず1番最初に取り組めること それは、「お家の大きさを最小限にする」 という事です。

理由はお家の価格というのは面積に 大きく左右されるからです。

お家の大きさを最小限の大きさにすることによって 最初にお伝えしたエネルギー消費も抑えられて 電気代も抑えられることになります。

このような事も踏まえながら お家づくりを進めてみてください!

お問い合わせ