住宅ローン利用の流れについて

住宅ローン利用の流れについて

仮審査の申込から融資開始まで順調に進めば、最短で1か月程度で融資が受けられることが多いです。あくまで最短の目安のため、申込者の状況などによって審査にかかる時間は変わります。

『仮審査』は、申込者本人の名前、住所、勤務先、年収等、建築計画(土地と建物の概算・概要、購入時期)などおおまかな情報で審査します。

仮審査が承認された場合、希望する額の借入ができるという前提で計画を進められます。

借入が絶対できるという保証ではないですが、事前審査以降に借り入れが認められないケースは少ないです。

『本審査』は建物の請負工事契約完了後の手続きです。仮審査の承認を得て、建物の請負契約を済ませたら、すぐに住宅ローンの本申込です。

本申込とは、本審査に申込むことで、本審査の承認を経てから、住宅ローンの契約を交わすことができます。

本審査では、提出する情報が事前審査より詳細になっています。この時点で、借入不可となるケースはほとんどありませんが、場合によっては借入金額の減額を承認条件に出される場合があります。

ですので、借入可能額ギリギリで計画を立てるのでなく、余裕をもった計画をお勧めします。

2回ある住宅ローンの審査のうち、最初の仮審査をクリアしなければ話はすすみません。

ハウジングスマイルでは定期的に「家づくりセミナー」を開催し、より詳しいお話をしています。

仮審査に落ちたらどうなるの?車のローンがあるけど・・・など聞いてみたい方はぜひ一度、ご参加ください('ω')ノ

今月は3/19・3/20、3/26・3/27の完成見学会会場でも開催しています。新型コロナウイルス感染予防のため、完全予約制となっておりますので、参加ご希望の方は、HP・お電話にてご予約をお願いいたします<m(__)m>

お問い合わせ