見落としてはいけないコンセントの配置

見落としてはいけないコンセントの配置

コンセントの数や配置にこだわれば、家電を快適に使用できるようになります。

注文住宅となると、キッチンの設備や浴室の設備といったほかの部分にばかり目が行きがちですが、コンセントといった細かい設備にもしっかり目を配るようにしましょう。

まずは、リビングにある

"コンセントを使用する家電"をリストアップしてみましょう。

 

ざっと思いつくのが、テレビ用、DVDプレイヤー用、無線LAN子機用、掃除機用、スマートフォンの充電器用などのコンセントです。

もちろん、個人の生活スタイルによって必要となるコンセントの用途や数は違ってきます。

どれだけの数のコンセントが必要か、そのコンセントは具体的にどの家電に使うのか、といった点を一度冷静に見直すようにしましょう。

一通りリストアップしたら、そのなかから最低限必須の"常時使用するコンセント"の数を把握していきます。

そこに"必要なときだけ使用するコンセント"の数を足して、総合的なコンセントの数を割り出していきましょう。

お問い合わせ